RSS 2.0
  • 小
  • 中
  • 大

埋蔵文化財確認調査に行きました! 〜東建豊中支店☆現場監督ブログ〜

皆さんこんにちは絵文字:ウッシッシ
豊中支店現場担当のK.Iです絵文字:音符


先日、「埋蔵文化財確認検査」の立会いに行ってきました。


建築・土木工事では、文化財等が埋まっている可能性がある場所で工事を行う場合、役所に届出をして、役所立会いのもと試掘調査を行わなければなりません。


今回は吹田市某所の建設予定地で調査をすることになりました。

付近の発掘調査で平安時代の文化財が出た場所だそうです。


@絵文字:カメラ

画像

小さめのユンボで3箇所の穴を掘りました。


A絵文字:カメラ

穴の大きさは人一人が入れるくらい。

画像


B絵文字:カメラ

工事で掘る深さより埋蔵文化財が深ければ 上に建物を建てても問題ありません。


A絵文字:カメラ

調査の状況

画像

最初はユンボで掘りますが、あやしい層に近づくと、役所の担当者さんが小さいスコップで丁寧に調査します。



調査をしていると・・・・・・



出たんです!文化財絵文字:ドン



B絵文字:カメラ

画像

平安時代の須恵器杯だそうです絵文字:!?

正直、素人の私には良くわかりません。



C絵文字:カメラ

二つ目の穴からはこれが

画像

土師器だそうです!?

ちょっと古い茶碗のかけらにしか見えないんですが、平安中期のものらしいです。絵文字:どんぶり



1m掘っただけで平安時代の地層が出てくるもんなんですね。

普段、何気なく工事で掘っている土も、数千年、数万年前の地層かもしれない、と思うと、ちょっと不思議な感じです。


今回の調査では基礎工事で掘る深さより深い位置に文化財があった為に、大規模な発掘調査は必要ありませんでした。



もう少し浅い場所から発見された場合、建物の建つ範囲全面を発掘調査することになっていたそうです。


とりあえず、調査は無事終わり ホッとしました。

もうちょっと、立派な土器が出たら面白かったのに絵文字:笑顔


さて絵文字:!!現在も稼働中のK様アパートの入居者募集要項を載せさて頂きます☆

絵文字:鉛筆工事進捗状況絵文字:鉛筆

7月 外壁仕上工事・内壁工事

8月 内部仕上げ工事・外部工事



画像
商品詳細はコチラをクリックしてください☆



絵文字:家建物パース絵文字:家
(実際の物件とは異なります)
画像


2階建て3戸並び

  • 阪急千里線 「吹田駅」下車 徒歩16分
  • 地下鉄 「江坂下車 徒歩15分

  • 現場の近くにはミニストップ吹田南金田店 があります


    募集終了:当物件の入居募集は終了しました。ありがとうございました。

    店舗情報

    • 電話でお問い合わせ
    • メールでお問い合わせ
    店舗名
    東建コーポレーション
    豊中支店
    店舗紹介を見る
    ストリートビューで店舗の内観を見る
    所在地
    〒560-0004
    大阪府豊中市少路1-1-30
    FAX:06-6840-7270
    定休日
    水曜日(祝祭日は営業)
    営業時間
    AM10:00〜PM6:30

    前へ メインページへ戻る 次へ

    東建コーポレーション豊中支店の建築部員が綴る建築ブログ、「現場監督ブログ」。東建コーポレーション豊中支店が施工を行なっている建築現場の様子を発信しています。
    豊中支店の建築部員が「東建コーポレーションがどのような物件を建築しているのか知ってほしい!完成した姿だけでなくその過程も見てほしい!」という想いを胸に、日々ブログを更新中。アパート・賃貸マンションの新築工事の進捗報告をはじめ、工事中の様子や現場の裏話などを写真も交えながらご紹介。普段あまり知ることのない建築の裏側を覗くことができるチャンスです!建築に関する内容が盛りだくさんの東建コーポレーション豊中支店現場監督ブログをぜひご覧下さい!

    ▲このページのトップへ